- About me


大阪生まれ。東京在住。5歳頃よりヴァイオリンを始める。

幼少の頃、桐朋学園音楽学部付属子供のための音楽教室にて本格的に音楽の基礎を学ぶ。
桐朋女子高等学校音楽科(共学)卒業。

在学中に第7回日本クラシック音楽コンクール関東地区本選高校の部弦楽部門好演賞受賞。

 

高校卒業後ドイツに渡り、フォルクヴァング芸術大学/Folkwang Universität der Künsteに入学。 (HP→ドイツ語)
在学中にクンベルク-アカデミーに参加(オーストリア/グラーツ-クンベルク市)し、最優秀受講者に選ばれファール教会(Pfarrkirche)にてバッハ無伴奏ソナタを演奏し好評を得る。その後、ドイツ国内にある音楽大学からの選抜メンバーで構成されているユンゲ・ドイツ・フィルハーモニー(JDP)ヨーロッパツアー公演に参加。

さらに、ミュンスター市立歌劇場管弦楽団/ THEATER MüNSTERのオーディションに合格し研修団員として在籍。オケの他に、室内楽コンサート、ホームコンサートに招かれ、クリスマスのイベント等では教会ミサでオルガンと多数共演を繰り返す。
同大学・学士課程を修了しディプロマ(ドイツ演奏国家資格)を取得後は日本に活動の場を移す。

 

現在、都内オーケストラでの客演として出演するほか、ソロ、室内楽、またクラシックのみならず、ポップスなど様々なジャンルにおいてもメジャーアーチストからインディーズのレコーディング、TV番組、ツアー・LIVE等に多数参加する活動の他、気軽に親子で楽しめるコンサート等各地で企画。デザイナーや芸術家の方等とコラボしながら、多岐にわたって活動中。

 

 

 指導側では、ヴァイオリン、ヴィオラの個人指導からアマチュア団体等の室内楽からオーケストラの指導する傍ら、アウトリーチにも積極的に力を入れている。

 

これまでにヴァイオリンを、坂倉邦子、立田あづさ、曽根マリ、 室谷高廣フリーデマン アイヒホルン/Prof.Friedemann Eichhorn、四方恭子、ヤツェック クリムキーヴィッチ/Prof.Jacek Klimkiewiczの各氏に師事。
アレクサンダーテクニックをドイツにてSibylle Havemann氏の元でプライベートレッスンを受ける。
近年ではベルリンフィル・チェロ奏者シュテファン・コンツ氏のマスターレッスンなどのドイツ語通訳を担当。

 

Vn:Sakurako Piano:Mari Komatsu(2016-Spring)

※こちらの映像は、編集:小川悦司氏、講師:小松真理氏によるネットでの音楽講座に

ヴァイオリンソリストとして参加した時のものです。